2017年5月24日水曜日

県合唱の衣装チェック。5月23日のコール・アマービレ

あっという間に5月も下旬。
6月の2日、4日には間庭先生の音楽教室の発表会、その1週間後には「県合唱祭」ということで頭に音符が刺さってアワアワしている団員も多いのでは?
白いブラウスが届いて今日は衣装チェックです。
長袖ブラウス、この季節にはちょっと暑いけど肌触りのいい記事でシワにもなりにくそうです。合唱祭には黒パンツ、黒靴を合わせて行きます。
当日の予定が発表されました。
こんな感じです。
かわいいカット入り❤

★今日の練習
県合唱曲メインでした。
前後2列に分かれて発表。お互いの演奏を聴き合いました。
みなさんしっかり歌っていて、半分でも結構音量は出ているように思いました。
でもリズムが2種類で歌われているところや、ちょっともったりしちゃうな。と思うところも。
後半は、先週の自主練の成果披露
定演の「日本の名歌」の括りの隊形移動チェックです。
「歌の町」終了後「砂山」までの移動に少し変更が出ましたのでお休みした人は、チームの人に聞いてください。
「仰げば」から「あの町この町」への移動も決定しました。


2017年5月16日火曜日

定演に向かって各部署で作業始まる?5月16日のコール・アマービレ

今日は自主練。
実行委員の集合は9時。
ドレスに着ける「海のストール」の裁断をしました。
8時50分に「きっとまだみんな来てないよな。鍵取ってから来ればよかったな・・・」と思いながら3階まで来たらアルトのNさんとメゾのTさんによって既に作業台と椅子並べが完了していました!すご~い!
他のみなさんも早々に集まって親分、もとい、団長の指示にしたがってクルクルチョキチョキ…60枚くらいのうずまきが1時間で切れました。みなさん、お疲れ様でした♡
うずまきは団長が夜なべ仕事で縁の処理をしてくれるそうです。
申し訳ないですね。もしやパパや娘さんが駆り出されるのでは・・・?
教えてくれたら手伝うよ~


★今日の練習
団長とソプラノ隊長の指示に従って並びと隊形の確認を中心に行いました。

基本の2列…ほぼ現行の2列(ソプ上は前後逆)
基本の1列…前列に後列が入って1列に。メゾは一部で入れ替わりあり。
南海譜の隊形…これは後刻先生に確認したところ、アルトとソプラノの人数バランスを取るためにメゾの段にソプラノ下の何人かが上がって、左右対称になるようにする、とのことです。
各動物チームの隊形は今日の通り
ネコと少年…これも確認したところ、全員がわ~っと移動して、椿峰で決めたペアで舞台の一番前にずらっと並ぶそうです。立ち位置は後日決定予定。
あの町この町…台本の○に人を当てはめていってくださいとのこと。後日決定?

振りもちょっと確認しました

二匹のネコ
お山の杉の子
なまずのふろや
しらかば

❤今日の確認は双方向から❤
今日お休みしていた人は必ずパートの人に自分から聞きましょう。
パート内でお休みの人のケアをしましょう。

❤がんばろうね❤
おばたんは、昔「運動会の練習」が嫌いだった。
行進の練習とか、隊形の練習、とかがチョ~めんどくさかったのだ。
団員の皆さんの中にも「あ~面倒!覚えられないし、こんなことしないでまっすぐ立って歌いたい!」と思ってらっしゃる方もいるのでは?
でも、でもね。
見に来てくれた人たちは、当日舞台で花開くはずの、このちょっとした(いやかなり大変な?)努力の結晶をとっても喜んでくれるのです。
そのとき「あ~頑張ってよかった!」ときっと思えるので頑張ろうね!

★来週は衣装チェックしますので黒パンツを用意!




2017年5月9日火曜日

連休明け!5月9日のコール・アマービレ

みなさん、連休はいかがでしたか?
久しぶりのアマービレ、ほとんどの団員がげんきな顔で集まってくれました。
怪我でお休み中のOさん、順調に回復されていますか?早くお顔見せてくださいね~♡

今日は定演の台本が配られました。
みんな、目は通したかな?
暗譜して、立ち位置と移動のタイミング覚えて、小道具作って
・・・やること山盛り。
誰しもこのためだけに生きてるわけじゃないのでやりくりが大変ですが、まずは、とにかく、なんとか、なるべく練習に出ましょう。

6月って忙しいですよね。直近のイベントだけでもこんなにあるよん。
・2日、4日に雨だれのコンサート(これは関係者だけですが)
・11日に県合唱
・20日暗譜大会Ⅰ(暗譜大会Ⅱは7月4日)
★今日の練習
おかあさんコーラス大会の録音を聴きました。
先生からはフレーズの終わりが詰まって雄大さに欠けるきらいがあるから、定演ではそれを直しましょうとのお話。楽譜通りの演奏に戻すので暗譜もし直さないといけませんね。
練習中に先生から「麦に~」って出てくるたびに「ぎ」が突出して汚いって言われていたのに本番でも直せてなかったのがちょっと残念。そこが直ったら全体の印象が変わりそう。
県合唱の2曲の練習
今回の目標は「貴族的な発声」を目指す!です。
相場君が貴族探偵らしく見えない理由を、「声が眼の奥、鼻の上の奥あたりで響いていないからだ!」と先生は看破。
このあたりに響かすことで「深い発声」が実現。この「貴族的発声」がコーラスにおける「深い発声」と極めて近い関係にあることから今回の合言葉は「貴族♡」で。
相場君にも教えてあげたい。

「郵便馬車」の出 前奏をよくつかんで歌出だしの小節の頭で、ブレスして準備していましょう。出遅れるとあせって2番と同じ場所で「いな」って入ることになり、みんなとずれるわ、声が浅くなるわ、息が足りなくなるわ・・・でアタフタします。
「ラッパの」が浅い発声におちるので、男声で「ロッパの」と言ってるつもりで。
「二匹のネコ」
久し振りに歌ってみました。
振り付けもいろいろあったんだよね~。「みや~~お!」
思ったより記憶に残ってはいましたが・・・。





2017年5月5日金曜日

コーラスワークショップに行ってきました!

昨日横浜で開催中のコーラスワークショップに1日だけ参加してきました(5月3日から5日まで3日間開催)
あんまり譜読みができてなかったので足が重かったのですが、「まあ、なんとかなるだろう」と朝7時半ごろの電車に乗りこんだおばたん。
桜木町の紅葉坂

会場は神奈川県立音楽堂。
古いけどよく響くホールです。
9時半にぎっしり詰まったホールでナイジェルショートさん指導のopen singingの後
練習曲によって4か所に分かれて練習。
古いから椅子間隔が狭い 

おばたんは清水敬一先生の講座で「日本の四季」という混声合唱曲を練習したんだよ。
滝廉太郎の作品を三善晃が構成編曲した楽譜で知らない曲もあったけど、箱根八里や花はソプラノはほぼ旋律だし、大丈夫かなと思っていたんだけど・・・。

「じゃ、まず歌ってみましょうか!」
(うわ!やっぱり、パート毎に歌ってみたりしないんだね)
内心がっかりしつつも控えめに加わるおばたん、じきに打ちのめされた。
やっぱり三善晃さま、おそるべし。
ピアノが2台入るそのピアノがまあ難しそうなこと!
前奏も間奏もすごすぎてどこから歌、入るのかわからな~い!
そして「童声」というパートもあり、後程小中学生も加わって一緒に歌うのだって。
(おお!?)
(左右のお姉さまたちすごいぞ。特に右の席のお姉さま、いきなり本気歌いだ!
神奈川県民すごすぎる!)
へへへ(*^。^*)へへへ
(こうなったら自分を捨てて左右を聞いてこの場をしのごうっと!)

後でわかったことだが右のお姉さまは、この曲は9月の定演のプログラムに入っているのだそうだ。
準備不足のおばたんだったが、左右のお姉さまのおかげでレベルアップを果たし午前の練習が終わった。
チラシいただきました

大変なのは午後からだったの。
「舞台に上がって練習しましょう」先生の一声で以後はずっとステージに立ったまま・・・
(脚だるいわ~、つっかけ持って来ればよかった、チョコレートもっと持ってきたらよかった)などと思うが、年配の方々もだまって耐えている。
神奈川県民は、我慢強いのか?

(しっかし、みんなすごいな~。
音型の違いとか強弱とかちゃんとついてるし、すごくはみ出した音とかないし。
「三善アクセント」とか何の説明もなく普通にやってるし
赤毛のアンで習っていてよかったなぁ。
ちょっとこの講座難し過ぎたかも?
いやいや、そもそも参加自体無理だったんじゃん?)

何度か逃げ出したくなったおばたんだったが、周りの様子見をしながら暴走せずに歌っているとだんだんと、周りの人たちにも案外同じような人がいるのがわかってきた。
最後の練習には「童声」パートが合流して曲が完成。
またこの「童声」の中学生がものすごく「デキル」のであった。

清水先生によると『三善晃の楽譜っていうものは、レシピを守れば絶対美味しい料理ができる楽譜なんです。そのかわり、細かい!どこでいつ採れたジャガイモを何度のお湯で何グラムのどこの塩を入れて何分何秒茹でろ、みたいに書いてある。演奏者はそれを守らないと美味しい音楽はできない。
バッハとかは、「芋を茹でろ!」ぐらいしか書いてませんよ。ことによるとジャガイモかさつまいもかの指示もない。』んだそうです。なるほど~ぉ・・・・
 
夕方成果発表コンサートがあったよ。
こんなプログラムでした
弦楽5重奏の伴奏がついた「くちびるに歌を」も感動的だったし、女声コーラスも柔らかくてきれいだったし、メサイアもめちゃくちゃかっこよかった。自分が参加したものは聞けなかったけど、「童声と混声合唱と2台のピアノのための」合唱曲なんてものに参加できて貴重な経験だったと、今は思う。
ただ、やっぱりもっとちゃんと練習して行けばよかったなぁ(反省)
でも、控えめに歌ってたおかげで本番でも割と声が出たから災い転じて福となすかもね~♪(反省消滅)
終了後のロビー この後高校生のロビコンが開催 残念ながら聞かずに戻ってきました
夕方になりました

滝廉太郎さんは、幼少の頃この音楽堂の敷地あたりに住んでいたのだそうです。

シューベルトさん、演技合わせ7月18日のコールアマービレ

今日は、音楽物語シューベルトさん、の演技陣をお迎えし、歌とりあえず合わせました。 シューベルトは星野玲子さん、女優は磯部佑梨さん、青年は新井千里先生です。 演技陣を迎えて団員もテンションがあがり、いい感じで合わせができました。 郵便馬車でこれから何かが始まるよ!というワクワ...