2015年7月28日火曜日

向日葵のようにコンサート

今日は、アマービレがお休みなので25日に表参道で開催された先生のコンサートのご紹介。

「今日はせんせーのコンサート♪街へ行こう~」と、いつもの調子で出かけましたが、
今回は、楽譜の出版記念の特別なコンサートだったのです。

「歌曲集 向日葵のように」
楽譜の2ページ目には委嘱 間庭小枝
初演日、場所につづいて 
ソプラノ 間庭小枝 
ピアノ 原田康子   
 と先生たちのお名前が入っているのです。














いつもより多少緊張の笑顔でステージに上がってこられた先生も
90を越えられてなお元気いっぱいの大中先生も、お互いのために頑張りたい・・・というような気持ちでいらっしゃることがひしひし伝わってくる(と勝手に感じた)演奏会でした。

2部の、子供を亡くされた詩人が震災で子供を亡くしたたくさんの親に向かって書いた詩に作曲されたうたに続いて「向日葵のように」が演奏されました。
先生と音楽教室のことを歌ったのかなと思うけれども、もっとたくさんの夢を持って頑張ろうとする女性たちに向けられた歌のような気もするすてきな5つのウタでした。
会場には作詩の山岸千代栄さんもいました。
言葉を大事に詩を書く人、その詩を大切に曲をつける人、その歌の言葉と曲を大事に歌う人、弾く人 その4人が同じ場にいる演奏会だったのです。

最後は大中先生の子どもの歌がたくさん。
指揮もされてみんなでさっちゃんと犬のおまわりさんを歌いました。
大中先生のサインももらっちゃったよ~~

2015年7月14日火曜日

この青空は梅雨明け?7月14日のコール・アマービレ

合唱祭以来初めて先生をお迎えしての練習日となりました。
月日の流れを速く感じるようになった今日この頃?、合唱祭も遠い昔のような気がしますが
「いい講評をもらってよかったね。」と先生に言われると、
改めてうれしいアマービレの仲間たちでした。


まだ、梅雨明け宣言ないよね?しっかし今日はピーカン~~!
3時半現在まだ快晴だよ! 梅干しとか干せそうだよ~!
昨日は、この快晴の前兆の美しい夕焼けが・・・
みなさんご覧になりまして?
ほ~~~ら!こんなにきれいな・・・

撮影は小島さん



★お知らせ
①次は慰問だ!
 例年冬に行っていたロイヤル慰問演奏会、今年は10月6日火曜日に行います。
曲目
日本の名曲シリーズから お山の杉の子、山小屋の灯、若葉、鐘の鳴る丘、歌の町
「シューベルトさん」 から のばら2曲、ます
                 小芝居付き
「みんなで歌いましょう」 思い出、静かな湖畔、どじょっこふなっこ、カチューシャ
                  楽譜は来週配布

*小芝居はシューベルトの家で客の男女が曲紹介を兼ねて会話する形
のばら1とますは歌詞に沿った演技付き だそうです。

先生の曲順メモ
来週の練習時に全曲、プログラム順↑に演奏してみるので録音する人はこの機会に。

②衣装代の集金準備
 過去の積み立て金額によって個人差がありますが、上限は17280円という噂。

★今日の練習曲

野ばら(シューベルト)
2拍子の軽やかな感じが出るように歌う。Lieblich は、愛らしくという意味だがこの感じが出るように一番最初の歌いだしの「ぼ」の音をとにかく高い響きに入れるように。
旋律は2小節目のシの音が低くならないように。6小節目もこのシから上げて次のナチュラルの付いたラを正しく取る様に。
「いついつまでも」のフェルマータについて
 1回目は、 よ~~くのばす。
 2回目は、 軽くのばす。
 3回目は、 2回目くらい伸ばしブレスなしで忘れはしないになだれ込むように。

3番の頭は「それでも僕はバラをとりたい!」という気持ちを際立たせるために、1,2番より少し大きめの声量で入る。

野ばら(ヴェルナー) 
曲終わりの2小節半を前奏に付けて始める。
この曲は、今日はさらっとやりました。

ます
この曲も原調より低いので眠たくならないような演奏をする。

NEW 若葉、お山の杉の子、歌の町 音取り
    メゾ、アルトは意外と難しいぞよ~

○音取りの時の注意
 初めはゆっくり音をとっていいが、必ず指定速度は、こんなんだよ~~っていうのも押さえておこう。

すぽたんとおばたんは、明日からちょっくら股旅にでてきやす。
申し訳ありやせんが来週は欠席させていただきやす。ブログもおやすみってことでよろしくお願いしやす。

行って来ま~す!

2015年7月7日火曜日

梅雨はいつまで・・・7月7日のコール・アマービレ


「・・・・午前中は、ちょっと陽も差したわね。
でも、今夜も雨だな。
は~、デートはお流れだわ。残念!1年もこの日を待ってたのに。
だから旧暦でやりましょうっていったのに・・・
7月7日なんてだいたい毎年梅雨のまっさかりなんだから・・・・
ああ、もう!洗濯物が乾かないし、せっかく織った織物もなんだか湿っぽくて臭うわね!」

織姫もおばさんになるとこんな感じ?
それとも織姫はず~~とピュアなハートを保っているのかな?
今日は七夕。
雨の七夕をマジで心配していた子供の頃の私はいまいずこ。


合唱祭が終わってから、自主練とお休みが続いている、アマービレ。
今日もたくさんの人が出席して団長とソプラノ隊長を中心に一生懸命練習はしましたが、なんとなく手近な目標がないので、ほわぁ~っとした感じです。
お知らせ  合唱祭の写真申し込み受け付け中です  今日見てない人は来週小川さんにお問合/  せ下さい
★今日の練習

今までやった曲の復習 音確認をしながら、全員で合わせました。

合唱祭の3曲 暗譜で歌ってみると、もうすでに記憶が薄れている部分も。
仕上がった曲もこうして時々暗譜でやってみておくと定演の前に楽かもしれません。

「魔王」
一回どんな曲かな~とみんなで階名で歌ってみました。
中学の時に習って、子供たちが歌っているのを聞いた記憶があったけど、どんな歌かはわかってなかったことがわかりました。
・・・・・・でも、なんか、かっこいい曲な気がしました。

少しすっきり?9月12日のコール・アマービレ

さて今日の自主練は、衣装の早替えと絡めた出入りの練習にほとんどの時間を使いました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 早着替えがあるのは、1部の「南海譜」と「日本の名歌」の間です。先生が「お話」でつないでくださる間に、素早く着替えて登場しなくてはならないのです。 ...