2015年6月28日日曜日

雨だれのカルメ~ン!

さてさて2日間にわたる間庭先生主宰の音楽教室の発表会「雨だれのコンサート」が終わりました。アマービレの団員にも関係者がたくさんいるので、今頃すべてが終わってほっと一息している人もいるかな?

1日目も2日目も自分が出演したり応援にきてくれたりしていた団員さんのお姿も見かけましたが、
来たいと思いつつ来られなかった皆さんに、そしてせっかく来たけど時間の都合であれを見られなかった…という残念な皆さんのために
今日は、あれをアップしようと思います。

あれ・・とはなんぞや?
それは雨だれのコンサート名物、なんちゃってオペラではなくて・・・
え~と、名作のエッセンスだけを抽出して20分で上演するという奇跡のオペラです。
今回は「カルメン」
そしてカルメン役は我らがコジマ団長でした!
楽屋で「シワシワでつけまがつけにくい・・・」と文句を言いつつ
「鬘で貞子状態」を経て ジャ~ン!!
カルメ~ン!
胸元に1本の魔法の線を描いて見事に妖艶でグラマーな美女カルメンに変身。
奔放な恋に生きる女!ケンカ上等!
同僚の女(鹿島さん・秋山さんは欠席)たちの嫉妬を浴び、
イケメン軍団(川添さん・菊地さん・真田さん)をはじめ男たちを次々に手玉に取り、
恋のあだ花を咲かせ、みごとに散って行ったのだった。
すぽたんは今回は楽器隊で参加。後ろからみんなを応援させていただきました。

たぶんアマービレ関係の人は、全部ここにいる~探してみよう
ちなみに真田さんたち3人ともほんとにイケメンだったよ~~~!
今度みんなで男装して、男声合唱曲とか歌ったらおもしろいかも~
あんたしつこいよ!振られる真田氏



牢屋から逃げるための方便とも知らず、カルメンの手管に恋に落ちたホセ。

にいさん、あたしに惚れてるんだろ?
カルメンを逃がしたことをとがめるスニガと恋ゆえに上司に反抗するホセ。 
小島団長ってばモテモテである。
この綱は・・・逃がしたのか!
ホセは仕事も元カノ(今回の演出では名前はミカエラ、としか出てこない幻の女である)も捨てて
おかあちゃんの形見の指輪もカルメンに渡してコクる。

カルメン俺のものになってくれ! はぁ~?
ホセは、めちゃめちゃ美声なので、団長はふらふらっとしたかもしれないが、カルメンなので
「あたしは、誰のものにもならないさ!こんな指輪返すよ!」ポイっ!とキッパリ。
頭にきたホセは
「なにを!おのれ~~」と時代劇のように叫んでカルメンを刺しちゃうのである。

練習の時はどうなっちゃうんだろう・・・と思いましたが、
今回もまた「ありかも」という舞台でした。
団長のお嬢のあゆちゃんが客席で撮った写真が回ってきたのでレポートしてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追加記事 

「大事なキャスト、エスカミーリオはどうしたんだ!」
「ミカエラばかりかエスカミーリオもいないのか?」・・・と思われていたオペラ通の方、お待たせしました!
昨日エスカミーリオの写真も手に入りましたぞ!
ビバ!エスカミ~リオ!
彼だけが「本物の若者」
周りはおじさん以上、おばさん以上という中で好演!
彼のマタドールの衣装が体操服と麦藁帽子でできているとは、知りたくなかった情報かもしれない。

2015年6月24日水曜日

自主練だよ~6月23日のコール・アマービレ

合唱祭も終わって、音取りしたばっかりという曲もないので今日はゆるゆると自主練です。
アルト隊長は、シルバードレスのお直しがある人のお世話で忙しそうです。

各パート新しい方も入ったので 今までにやった曲を全部、音確認を兼ねておさらいしました。
しばらく寝かされてわすれかけていた「しらかば」も復習しました。

みんなさぼらず、熱心にやりました。
でも、
皆さんとてもいい、きれいな声をしているのにボソボソ歌うのはもったいないなーと思います。
自主練だし、間違って歌ったってぜ~んぜん構わないんだからバーン!と歌っちゃったらいいのにな。と思いました。

★来週はおやすみや~
8月の練習予定はお知らせブログにアップしてあるよ。
あ、アルトの鹿島さん所属の合唱団「新世界」の演奏会の案内も載せとかなきゃ!
今日お休みした人は
新連絡網
新世界のチラシ
合唱祭の講評   をパート員からもらってね


2015年6月15日月曜日

埼玉県合唱祭に参加してきました~

昨日6月14日、県の合唱祭に参加しました。
今回は、記念すべき第60回大会なのだそうです。
14日はとりわけ参加団体が多い日だったようで、私たちが会場入りしたのは夕方。
全日程が終わったら8時半くらいでした。

高貴な紫色・・・

「品格」GET
今回は、衣装になみなみならぬ思いをもって臨んだ間庭先生。
一緒に参加したmanoさんの衣装も古来高貴な色とされる藤紫。
私たちの おニューのドレスは、銀色。
先生の狙いは見事当たって両チームとも「品格ある・・・」というコメントをGETしたのでした。

でも、「シルバーシルバー」と言われてちょっと気を悪くしている団員もいたよ。
微妙な年代なので「プラチナに輝く美しいドレス・・・」とかなんとか書いてほしかったかなあ・・・

「講評ってさ・・・」
「講評ってさ、衣装中心に、雰囲気で褒められたら、それは演奏はもうひとつってことなんだよね。」
「そうそう、昔 「素敵な衣装がキラキラして目がくらみました、とか、元気いっぱいで、いろんな声質があって、いったいどういう集団なのでしょう。」 とか書かれて喜んでたけど、ね」
「何か悪いことを書いてくれてるのが 見込みがあるってことなんだよね。」

以前、古~い団員たちで上記のようなことを話したことがありました。
今回はどうだったんでしょうか。
全体に甘口コメントだったけど、言葉や内容がちゃんと届いた、とかp、ppが付いてた・・・ていうのは、今までにない評価では?
高音が惜しかった?っていうダメ出しもあったし(笑)

「緊張した」
始まる直前、舞台袖で
ソプラノ隊長が「ウ~緊張する、みんな緊張してないのかな~」とつぶやいていた。
おばたんも口がカラカラで、久々に足が落ち着かなかった
(せっかくドレスを新調したので細いヒールの靴にしたからかもしれない)
でも・・・今回の曲はどれも目のまえに映像が浮かぶので好きだった。
1曲目の音程は、とても取りにくかったけど・・・同じ音に戻れなかったり、フレーズの終わりの上がる音が低くなったり・・・

「よかったよね」
新入会の方たちが積極的にたくさん参加してくれたので、みんなに生き生き、活力がみなぎったような気がします。
ついこのあいだ入った方も応援に来て下さってたし。
人数の少ないパートでは、体調不良を押して参加してくれたり、都合をつけて急遽参加してくれた団員もいて・・・。
これからもみんながそういう気持ちで参加できるような団でいようね!

最後に引率の小川さんに感謝します。
この役ってみんながちゃんと参加できるようにって、気を使って大変なんだよね。
お疲れ様でした。

今日はおばたんは、熱中症気味でダウンしていて夕方になってやっと復活しました。
みんなも気をつけてね。
今週はお休み、来週23日10時から分館で自主練だね

2015年6月9日火曜日

昨日から梅雨入り…6月9日のコールアマービレ

今日は合唱祭前最後の大切な練習でした。

「9時から練習」にも関わらず出席率も高く、練習意欲も高かった!と思います。
納期が危ぶまれていた、シルバードレスも届きました。
1か月でダイエットに成功した人が多かったのか??ゆるゆるになってる人が多かったようです。
今一度おうちで着てご家族に見てもらって、
お直しが必要であれば団長の方へ。
その際「名前とどこを何ミリどうするのか、はっきり文書でお示しください」ね!
合唱祭は、とりあえずこのままで着てください。
シワシワにならないようにつりさげておきましょう。

★合唱祭での歌唱ポイント

とにかく曲の出だしが大事! 
曲出だしは情感を込めるより、よく響くいい声で歌いだすということを最重要課題に!
特に第1曲めは、長時間聞き続けてきた観客や講師の先生に「聴こうかな?」と思ってもらえるかどうかがかかっている。

1ミリでも高いところで響かせる!
ホールの中でどこまで響くかが、その1ミリにかかっている、と思ってあきらめず、妥協せず高い響きを狙うのだ。

「なまず」のラストの変わり身の激しいところ、身に付くまで練習。

「鳥舟」の強弱とスタカート守る。

最低ユニゾンの部分だけは厳守
「かなた 野のは てに 音も なき いなず ま~、罪し るが ごと
ばらの にわ かがや く~」
なんでここで切れるのか???
単語の途中の変なところで切れてるとこがあって難しいけど毎日練習ね!
だれか一人が伸ばしたら、切れては聞こえない。
当日失敗するのは、仕方ないけどとりあえず努力はしましょう~~~(汗)

後は今までに受けた諸注意を思い出して、毎日5分でも楽譜をみましょう。

では、当日元気に集合しようね!

2015年6月2日火曜日

合唱祭に向かってがんばる6月2日のコール・アマービレ

なんとなく梅雨の気配漂う空・・・テレビではダニ対策とかカビ対策とかの番組についつい目が行っちゃって、お風呂場とかクーラーの中をチェックしております。
ダニの巣窟と思われる部屋のじゅうたんを90センチ角にカットして「もえるごみ」に出していたら今日はちょっと遅刻してしまいました。

合唱祭前の練習はあと1回を残すばかりとなりました。

★今日の練習曲

 
最初の「こ」から深い響いた声で歌いだす。
   聞いてる人は「こ」で私たちの演奏に耳のシャッターを下ろすか上げるかを決めるのです。
  アカペラ部分しっかり 「ピアノがなくなって可哀そう・・・」ではなく、「アカペラっていいわね!」になるようにしっかり歌う。ソプラノ最後の「レ」の上がり、頑張る。ここで低いとピアノが入った時に会場が微妙な雰囲気につつまれるかも。
ラストのアルトメロディーしっかり。ソプラノは押さえる。

なまず
歌初めはおもしろさ封印でいい声で歌う。
「波の音」 は「な~みの」はレガート、「おと」はスタッカートで歌い分ける。
メゾ 19ページの旋律とそうじゃないところのかわりばんこに現れるところ歌い分けて、
特に旋律部分しっかり。
20ページ アルトの旋律言葉のかたまりは、「しくじった」「めっちゃくちゃ」「浮世はくらいな」という塊。
メゾは旋律に合わせて能天気な感じでルルル。
ソプラノは旋律を聞きながらレガートに、また茶化すように。
3パートお互いの動きに耳を澄ませて合わす。

面白ポイント は先週の記述通り。
2番 「けしからん!」の直後からいい声で「ぐらりもくもく、ふろやは~」まではいい声で
「おしまい」 は、軽く小さくおちゃめに
「ラ、ラ、ラ」はいい声で
 
鳥舟
ポイントは曲が大きくなったり小さくなったりするところ。
クレッシェンド、デクレッシェンドの位置を確認、実際に何度もやってみて身体にしみつくように。
11ページのユニゾン強弱はP タイミングをそろえて
スタッカート、特にこのあたりは大きささタイミング共に息を合わせる。

連盟歌・たなばたさま・春に
シューベルトの「のばら」もさらっと復習しました

来週はもし衣装ができてたら衣装を着てみるそうです。
そしたら靴があった方がいいよね。
しかし、できるんだろうか・・・・

シューベルトさん、演技合わせ7月18日のコールアマービレ

今日は、音楽物語シューベルトさん、の演技陣をお迎えし、歌とりあえず合わせました。 シューベルトは星野玲子さん、女優は磯部佑梨さん、青年は新井千里先生です。 演技陣を迎えて団員もテンションがあがり、いい感じで合わせができました。 郵便馬車でこれから何かが始まるよ!というワクワ...