2014年5月27日火曜日

暗譜進みぬ・・・5月27日のコール・アマービレ

雨季に入っていく感じ。
空気がしめしめっとして、
気のせいだけど、空気の中にいっぱい飛んでいる水蒸気を通して景色がみえているような・・・
これって、もうすぐ梅雨入りのしるしですよね。

つるばらが終わってミニミニばらが咲きました


今日は、5月最後の練習日。
自主練

「ありがとう」と「ふるさと」は、とにかく暗譜の精度を上げる!
その他の曲はパートで自由に浚って、最後の15分全体で2曲を合わす。
というすけじゅ~る。

「では、そろそろはじめよっか」・・・と思った時に聞こえてきたのは「おかあさんコーラス」のときの録音。
あら?ホールの響きのおかげでいい感じに聞こえる。
「ここは苦手」と自分たちが思ったり、先生に何度も注意されたところとかはきれい。
とくに意識してなかったところにポコ・ポコと気持ちの入ってない穴があいているもんだなぁ。

などと軽く反省しつつ、練習に入る。

今日の自主練で2曲の暗譜は、だいたいOKとなりました。
ふるさとよりありがとうが、まずい。
tululululu・・・の後の歌詞が紛らわしくてもうひとつ、な感じです。


県合唱までにあと練習は2回
6月3日と10日。先生指導です。
そして当日2時から2時半(予定)メヌエットの教室をお借りして直前UPをしてから出かけることになっています。

でも、暗譜大会も近づいています。
今月中に自分なりに暗譜を進めておきましょう。


遠くでカッコウが鳴いているよ。
西武園とか湖のあたりかな。

毎年楽しみにしているの。今年も聞けてうれしいな。

青天井の下どうやって響かせてるんだかしらないけど、よく通るね、カッコウの声って。


2014年5月20日火曜日

暗譜は遠い?5月20日のコール・アマービレ

先週の1日合唱講座から見学に来て下さったお客様3名。
久し振りの通常練習が始まりました。
先生は、場所を間違えて新所沢に行かれたそうですが、たまたまその間違っている途中を見かけたYさんがメールで知らせたそうです。
なんかおもしろ~い。
先生はお客様に向かって
「今日は、普通の練習なので私は、合唱講座の時ほどおもしろくないですけど・・・」
と話していましたが、普通もおもしろいです。

・・・・って言ってもいいのかな~
薔薇の季節ですね


さて、今日の練習曲は
「花は咲く」
この曲は、とても久しぶりなので 少々戸惑い気味にスタート
ソプラノは、ほとんど旋律なのですが、
3回出てくる「私は何を残しただろう」の節回しがみんな違うので気をつけましょう。
歌詞では、思い出すものが「あの街」、「あの人」、「あの日々」、「あの人」という風に変わるところがややこしいですね~。

*楽譜で「誰かの笑顔、 が見える」のように切れているところは、休符を無視して自然につなげる、という風に歌ってください。
曲の構成は
ABのあたりは、「語り」聴衆にしみじみと言葉が伝わるように歌う
Cからは、目線が遠くはるかに
FGは、また「語り」部分
Hは遠い目線
I、J、Kは、花は、花は、花は咲く・・・と繰り返す部分だが、IとKはずれながら、Jは一斉に歌うように作られている。すべてフォルテだけど、Jが一番強く聞こえる作り方。
Kの出はメゾをかき消さないように。
95.96は深い発声で。
最後のuhの強さはP。

「ふるさと」
今までにいろいろ注意をうけているので、新たに言われたのは、

19,20小節の(始まりの鐘が)「ひびくいまきみのために」は、「響く、 今  君のために」と聞こえるように歌う。
F以降のソプラノの苦しい高音は、息を鼻にぬき加減にしてクリアする(軽々と出してる振りをして)
「くちずさむ」で「く」をだした後、突然発声が浅いところへ行かないように。

かな。

最後に「ありがとう」と「ふるさと」を通して終わりました。

★今日の連絡事項

県合唱のスケジュールが書かれたプリントが配られました
欠席していた人は、小川さんかパートの人に確認して入手してください。
参加費1000円は、来週小川さんまで。

当日のスケジュールは念のためお知らせブログに載せておきます。


2014年5月14日水曜日

合唱講座を開催しました!

連休でごぶさたしておりましたコール・アマービレ、久々の再開は

1日合唱講座


来て下さった皆さんありがとうございました。
そして団員の皆さんお疲れさまでした。

最後になってたくさんの申し込みがあり、用意した楽譜はほとんどなくなるという嬉しい結果。
チラシを撒いてくれた方、公民館や広報紙掲載のお願いに行ってくれた方、楽譜の印刷をしてくれた方々ありがとうございました。

何人かでも仲間になってくださるといいですね。
きのう久々にTさんのお隣で歌ってて
「そういえば何回か前の講座で隣に座ってたこの方を勧誘したのだったわ・・・」と
思い出しておりました。
ご縁があったんですね~

にこやかに開会の挨拶をする代表

「もと女優の人も、歌う時は足を組んだり流したりしないでね!」先生の面白トーク炸裂・・・
曲目は嵐の「ふるさと」
楽譜の進みが素直な歌なので迷子になる人もなく、音取りはサクサク終了。
後半は、表現を深めながら合唱。
発声の仕方、子音を立てた発音の仕方、歌詞の解釈など深イイ話も含めながら和気藹々とすごした2時間の講座でした。
団員にとってもいい勉強になったとおもいま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、ここからは団員の皆さんへお知らせ

①練習場当番

みなさんは、毎回の練習会場がどのように開場しているかご存知ですか。
早く来られないから知らないワン、という方もいらっしゃると思います。
知ってる、という方も最近システムに変更があったのでここでもう一回確認してくださいな

まず、パートの月当番ちゅうもんがあるのどす。
連絡網見てくれはったら書かれてるんどすけど、
1,4,7,10月ソプラノ
2,5,8,11月メゾ
3,6,9,12アルト と、こないなってます。

そのお仕事は、
1受付で報告書付き鍵・譜面台・チョークをもらい会場を開ける
2椅子並べ、
3体操を仕切る、
4使用報告書を書いて施錠して借りたものを窓口へ返す 
・・・・・・もちろん他のパートの人もお手伝いしてくださいね。

上記のうち1にシステムのシステム変更がありました
以前は、会計がまとめて使用料を分館に納めて、窓口で「アマービレどす♡」というだけで
許可書と鍵がゲットできたのですが、去年あたりから使用料の支払いがその都度、に変わったのです。
なので、当番は受付で使用料を立て替えて払い、
後刻、許可証を会計に渡し、精算する、ということになります。

各自の事情で早く来られる人も、来られへん人もいてはると思いますけど、
パート内であんじょう仕事を分担してやっておくれやす。


②定演作業予定

行事をこなしつつ、定演の準備も進めなければなりませんね。
衣装については、基幹部分は寺本さん、森田晴美さんが製作してくださっています。
我々がするのは、紐つけ、コサージュづくりくらいですがこれは、7月に入って暗譜が終わったころに1日作業日をとって全員でやります。
また、ちょっとした小道具の制作もその時にやります。
チラシ・プログラムは、最近業者は格安で早いので原稿だけ作って外注、の方向です。それも7月頃の予定です。











シューベルトさん、演技合わせ7月18日のコールアマービレ

今日は、音楽物語シューベルトさん、の演技陣をお迎えし、歌とりあえず合わせました。 シューベルトは星野玲子さん、女優は磯部佑梨さん、青年は新井千里先生です。 演技陣を迎えて団員もテンションがあがり、いい感じで合わせができました。 郵便馬車でこれから何かが始まるよ!というワクワ...